スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリアン

2007年09月23日 21:29

20070923213321.jpg

果物の王様ドリアン
『ドリアン食べたい』と娘がいうので買っておいた
昨日から週末を利用してダデイーがきている
夕食のあと、このドリアンを割ることにしていた
一緒に食べようと近所に住む友達家族も呼んであった

主人とダディーが協力して、なたで割った
中からクリーミーな薄黄色の実がみえる
『さあー早く食べないと臭くなるよ』の掛け声で
一斉にスプーンで一口
『旨い!!』『ああ~美味しい~』
なんといおうかトロッとして。。。

うわさに聞く臭みなどな~にもなかった
それでも冷蔵庫などには絶対入れるな
ドリアンを持ってる人は飛行機に乗れない
などといわれるので、用心のため
すぐに皮などは土に埋めた

ドリアン一つでこんなに盛りあがれる家族は
そんなにいないだろう

20070923212045.jpg


コメント

  1. etegaminikki | URL | 6facQlv.

    miyakoさん
    これ!くだものの王様と言われてます。
    貴女と捜し求めたラ・フランスのことを思い出しました。こちらは果物の女王様なんて書いてあるホームページを見つけました。
    西洋梨の中で一番好き!ラ・フランス。

  2. miyako | URL | -

    こんばんわ!ドリアンってとってもグロテスクで見た目で判断する私は口にするのは無理です。しかし、話題性があって面白い。

  3. etegaminikki | URL | 6facQlv.

    ばーばさん
    心配には及びません。日本でも手に入ります
    もちろん私達は全然平気でしたよ
    この硬いのを割るのが一苦労でしたけど
    うわさほど臭みもなかったです
    果実まるごとおいてあっても臭いません

  4. ばーば | URL | -

    クアラルンプールを旅した時に果物屋の店先でドリアンを切ってだべている人をみました。とてもおいしそうでしたが、旅するとすぐお腹の調子が悪くなるほうなので、たべれませんでした。
    そんなに美味しいのなら是非薬を用意してたべてみたいです。

  5. etegaminikki | URL | 6facQlv.

    あ~りんさん
    私も初めて食べました。6つくらいこぶのようになっていて、
    夫々に実があります。
    バレーボール程の大きさです。
    切る時に、その実に到達しないように割るのがポイントのようです。実は酸化すると臭くなるそうで、割ってすぐに食べるのがコツです。バターのような、シュウクリームのクリームのような、とてもリッチな味です。皆で食べるっていうのが楽しいのよお~。少しずづでも分け合って。これも我が家流イベント。
    死ぬ前に何が食べたいって聞かれたらドリアンと答える人がいるとか。

  6. あーりん | URL | 8n4XZbr.

    私も笑いました
    さぞ大慌てで土に埋めたのでしょうね
    ところでドリアンって
    みんなで一個を分け合って食べられるほど
    大きいのでしょうか
    まだ実物はお目にかかっていませんので分かりません
    お目にかかりたいような、かかりたくないような・・

    ドリアンの絵見れば見るほど味があります

  7. etegaminikki | URL | 6facQlv.

    サボテンさん
    きっと、貴女なら考えてしまうでしょう!
    そこが我が家の特徴、タイで食べた時に美味しかったと娘がいうので、それいけ!ってなもんです。しかし、これは旨い!
    でもカロリーが高いとは食べてしまってから聞いた話です。近所にタイに住んでた人がいて、小分けして、冷凍してしまえばいいと教えてくれました。

  8. サボテン | URL | -

    エェ~ッ、ドリアンを食べたんですか?
    興味はありますが、いろんな風評を聞いているので、手が出ません。

    しかし、「すぐに埋めた」には、思わず笑っちゃいました。
    やっぱり「臭い」のと「美味しい」のと、五分五分のイメージですもんね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://etegaminikki.blog97.fc2.com/tb.php/190-ca656b33
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。